水田大輔,総務部人事課

水田 大介総務部 人事課

2017年入社

人を評価する責任感

主に、半期毎の人事評価及び評価結果に基づく賞与計算、年度の人事評価を担当しています。そして評価に利用している評価システムの管理も行っています。今後は教育研修にもかかわらせていただく予定です。

Interview1


大栄環境を選んだ理由

人柄の良さ

実は…最初入社に前向きではなかったのですが、採用担当の方に会ったとき、とにかく丁寧な対応をしていただき、すごく良い印象を持ちました。また、その人柄の良さに驚かされ、きっと人柄の良い人が多い会社なんだろうなと感じました。そして社長面接の際、私の質問に対して社長が笑顔で一つ一つ丁寧にお答えいただいたことがとても嬉しかったです。そういったことから働きやすい環境で仕事ができる会社だと思い、入社を決意しました。

やりがいを感じる時

Interview2


やりがいを感じる時

もともと人事の仕事が好きで、その好きな仕事に没頭していると、時間が経つのがあっという間に感じます。そうすると一日の終わりにすごく達成感とやりがいを感じます。職場では仕事が終わったら早く帰るという雰囲気があるので、私もしっかり時間設定をして集中して仕事を進めるようにしています。

仕事上で苦労した点

Interview3


仕事上で苦労した点

入社当初、組織や名前、顔がわからず、問い合わせ対応など一つ一つの作業に対して、相手の所属や氏名の確認をしなければいけないことに苦労しました。また評価システムが想像以上に煩雑な仕組みだったので、システムを理解するのが難しく、今も施行錯誤しながら悪戦苦闘しています。

今後の目標

Interview4


今後の目標

人事評価制度と教育研修制度を上手く連動させ、能力開発やキャリア開発などの人材育成の仕組みを作っていきたいと思っています。社員の皆さんにやりがいを提供することができれば、今以上にモチベーションを上げることができ、いきいきとした会社づくりができると思っています。

PAGE TOP