岩本 光,事業部フロントサービスセンター(⻄宮駐在)

岩本 光事業部フロントサービスセンター(⻄宮駐在)

関西学院大学 法学部 法律学科

2013年入社

的確な判断で現場を動かす

お客様から廃棄物収集の依頼を電話で受け、
受注した収集予約を各車両に振り分ける配車業務が主な仕事です。まず、パソコンで受注内容を登録し、
配車を組み、組み立てた予定を各乗務員に指示を出していきます。指示を出す際は、無線で注意喚起なども行います。その他、乗務員の急な欠勤や収集車両の事故などのトラブルの対応も
重要な業務です。

Interview1


大栄環境を選んだ理由

廃棄物処理だけでない社会貢献

正直なところ、最初は廃棄物などの環境系の会社についてあまり興味はありませんでした。しかし、合同説明会で、大栄環境の事業内容を知り、色々調べるうちに、社会に貢献できる会社だと感じました。社会がある限り、人々が暮らす限り、ごみは出ますし、誰かがその処理をしなければならないという当たり前のことに気づいたのです。また、ただごみを処理するだけでなく、最終処分場跡地を環境公園にするなど、社会にやさしい会社だと思ったことも大きな理由です。

やりがいを感じる時

Interview2


やりがいを感じる時

忙しい時期や予定が詰まっている時などに、うまく配車を組んで、全ての収集を上手く手配できた時や、お客様の急な依頼に応えて、ご希望の時間に収集に行く手配が出来た時、目標件数を達成した時などに、やりがいを感じます。依頼が立て込み、予定が詰まってしまっている時などは、現場の状況を考え、担当者と相談しながら解決しています。
また、職場の環境がとても風通しが良く、先輩や上司に何でも話せるため、自分の提案や意見を取り入れてもらえることも嬉しいです。例えば、無線で事故防止の注意喚起を行う取組みを提案したのですが、それを上司がすぐに取り入れてくださり、自分の意見を発信する大切さも感じることができました。

仕事上で苦労した点

Interview3


仕事上で苦労した点

配車をする上で、日々、思いもよらないトラブルが発生します。予約漏れであったり、車両の故障や事故、乗務員の急な欠勤など、トラブルの内容は多岐に渡ります。ただ、万が一、経験したことがないトラブルが発生しても、相談しやすい職場環境なので、すぐに先輩や上司に相談し、解決しています。

今後の目標

Interview4


希望する人物像

クレームの電話を受けたり、先輩からの厳しい指導にも前向きにとらえることができる人、打たれ強い人が向いていると思います。新人、ベテラン関係なく良い意見ならどんどん受け入れてもらえる環境なので、自分の考えをしっかり持った人に来ていただきたいです。

PAGE TOP