杉本 光,エネルギープラザ作業所

エネルギープラザ作業所総合職

2014年入社

チーム力がモノをいう運転業務

廃棄物の複合リサイクル施設であるエネルギープラザで運転業務を担当しています。主に焼却炉や焙焼炉、乾燥炉などの設備が安定して稼働できるよう調整する中央制御室でプラントの監視と運転を行っています。また、現場点検や各機器が正常に動作しているか、異常がないかの確認、メンテナンスも行っています。

Interview1


大栄環境を選んだ理由

災害廃棄物処理で社会に貢献

地元の合同企業説明会に参加した時に初めて大栄環境を知りました。もともと現場作業に興味があり、地元の三重に三重中央開発という大きな拠点があったのも大きな魅力でした。事業内容の中で最も興味を引いたのは、震災などの災害廃棄物の処理を受け入れていることです。東北や熊本の地震の際はもちろん、阪神大震災発生時も大栄環境は一早く災害廃棄物の収集運搬、処理を行いました。地震大国である日本では、災害廃棄物処理の問題は常に課題でありますし、災害廃棄物で悩んでいる人達の役に立ちたいと思いました。

やりがいを感じる時

Interview2


やりがいを感じる時

業務内容的に一つの目標に向かってチームが一丸となって業務にあたることが多いのですが、一つの業務をみんなで成し遂げた時にやりがいを感じます。具体的には、処理量の到達ですとか、メンテナンスを全て終えた時、無事に立上げができた時などですね。もちろん、日常の些細な業務でも一人ではできないことが多いですし、職場の結束力は強いです。常に、班体制で一つのチームとして業務を進めていき、その目標が到達した時の喜びをチームのメンバーと分かち合えることは本当に嬉しいです。

仕事上で苦労した点

Interview3


仕事上で苦労した点

プラントの運転業務はとても奥深く、専門的な内容を理解するまでに時間がかかることが多々あるということです。ただ、その奥深い内容であるからこそ、毎日の日常業務の中でも新しい発見ができて面白くもあります。

今後の目標

Interview4


希望する人物像

非常に奥深い業務ばかりですので、毎日の日常業務を行う上でも刺激を求められるような好奇心旺盛な方に応募していただきたいです。まず、興味を持つことから始めたら、仕事も楽しめると思います。

PAGE TOP