山根木 健右,本社事業所 業務1課

山根木 健右本社事業所 業務1課

阪南大学 経済学部 経済学科

2016年入社

RPFのさらなる品質向上を目指す

廃プラスチックを破砕して、特殊な機械で溶かし、紙や木くずなどと混ぜ合わせ、RPFという固形燃料を製造しています。RPFの製造にあたり、元となる原料の回収、選別を行い、異物などが混入していないかチェックする作業も行っています。また、設備の点検や補修、改善も重要な業務になります。

Interview1


大栄環境を選んだ理由

廃棄物処理の流れを知る

知り合いが大栄環境で働いており、話を聞く中で、廃棄物に興味を持ったことが最初のきっかけです。毎日生活する上で、必ず廃棄物は発生します。それらは必ず誰かが処理しなければならないわけですが、その廃棄物はどのように処理されていくのか、また、再資源がどのように行われているのか知りたいと思うようになったからです。

やりがいを感じる時

Interview2


やりがいを感じる時

入社当初は、色々な所で研修させてもらい、色々と勉強させていただきました。配属は、今とは違う部署で、破砕や篩の作業をしていましたが、目に見えて生産量などの実績がわかる現場で仕事をしてみたいと思い、こちらの部署を希望しました。現在は、廃棄物からRPFという製品ができていくのを見られるのが嬉しいです。RPFの品質ですとか、生産量が上った時には「やっていて良かった」と思いますし、とてもやりがいを感じます。

仕事上で苦労した点

Interview3


仕事上で苦労した点

ほとんど自分よりも年上で、経験も豊富な協力会社の方たちに自分が指示を出していかないといけないことが多いので、その点が難しいです。ですので、協力していただいている方たちには、信頼関係を大切に、言葉使いなどにも気を遣っています。日ごろから、良い関係性を作っておくことで、向こうから「手伝うよ」というような声をかけていただけたりして助かっています。
また、ラインの設備や原料の選別といった専門的な知識が必要なので勉強の毎日です。

今後の目標

Interview4


休日はどのように過ごしていますか?

休日は友達と出かけたり、テニスをしたりしています。テニスは、練習だけでなく、たまに試合に出ることもあります。また、同期の仲間たちと遊びにいくこともあり、会社の人たちとも仲良くやっています。

PAGE TOP