ごあいさつ

「100年企業」の基盤づくりを着実に進めながら
「環境創造企業」として革新的挑戦を続けていきます。

  • 大栄環境グループ 産業廃棄物のトータルリサイクルシステムを実現
  • 大栄環境ホールディングス
    代表取締役会長
    下地 一正
    大栄環境ホールディングス
    代表取締役社長
    金子 文雄
  • 皆様におかれましては、平素よりご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    私どもの主力事業である廃棄物処理・リサイクル事業は、地域・立地自治体のご理解が不可欠であることから、「地域に根差した」事業を展開する上で、分社化により事業を拡大してきました。現在、大栄環境(株)・三重中央開発(株)を中核とした同一資本会社20社と、パートナー企業との連携事業会社12社で、近畿・中部圏を中心に関東圏・北海道を含め 23ヶ所で再資源化を重視した事業展開を行っています。

    これらの施設は各リサイクル法に対応し、主要施設では産業廃棄物だけでなく、一般廃棄物を取り扱う許可も取得しており、立地自治体等から処理・リサイクル業務を受託し、生活環境および公衆衛生の保全に欠かせない都市インフラという重責を担っています。

    また、経営ビジョン「事業の永続性を高め、環境創造企業として進化する」のもと、全国に8,150ha保有する森林の保全事業、公共施設の運営管理、再エネ発電事業など、持続成長に不可欠な事業の領域・エリアの拡大を図っています。

    経営ビジョン実現に向けては、「100年企業の基盤づくり」「資源循環の革新」「エネルギーの創出」「事業スキームの発展」「ブランド価値の創造」の5つのテーマを掲げ、それぞれ具体的な施策を推進しています。

    わが国の経済は、堅調な企業業績を背景に、回復基調が持続しております。
    そのような環境の中で、当社グループは、2017年度において、第7次経営計画の2020年度目標を大きく上回る経常利益85憶円と過去最高の業績を上げることができました。ただ、順調なとき程、足元を固めるべきとの考えで、2018年度方針を「ガバナンスを強化し、成長する」と掲げ、強固な経営基盤の構築を図り、100年企業の実現を図って参ります。

    グローバルな目標(SDGs)やESGに積極的に取り組みつつ、これからも経営理念とした「創造・改革・挑戦」に取り組んでまいります。皆様におかれましては、引き続き当社グループにご期待をいただき、ご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

PAGE TOP