廃棄物処理・リサイクル

  • 品目に応じた適切な廃棄物処理、
    環境と人にやさしいリサイクルを行っています

    廃棄物は、廃棄物処理法など様々な法律に則り処理する必要があります。
    最新の設備と豊富な経験を活かし、あらゆる廃棄物を適正処理、リサイクルしています。

大栄環境のトータルリサイクルシステム

「持続型資源循環社会」の実現を目標に、収集・運搬から、中間処理、再資源化をはじめ、最終処分、地域貢献まで、一貫した廃棄物処理・リサイクル事業を展開しています。

■収集・運搬

グループが保有する廃棄物専用収集・運搬車両は、450台以上。加えて23ヵ所のリサイクルセンターをベースとする資源循環サービスネットワークにより、関西圏をはじめ、関東圏、中部圏、中・四国圏まで、広範囲からの収集を可能とします。

■中間処理

廃棄物を適正に処分するために必要不可欠なのが中間処理工程です。当グループでは、機械選別に加えて、人による手選別で正確かつ厳密に分類。それらを破砕、焼却、乾燥等、それぞれに適正な処理を施し、リサイクル率の向上を図っています。

■再資源化

各リサイクル法に準拠して、先進の技術と最新の施設で多様な廃棄物を再資源化。新たな資源として生まれ変わった固形燃料や土木資材、有機肥料等の製品は、暮らしや産業に、ひいては資源循環型社会の実現に貢献しています。

■最終処分

土砂等、不燃性の物質は、6地域に保有する最終処分場で適正に埋め立て処分します。徹底した中間処理を行った上で処分を行うと共に、自然環境への影響にも充分配慮しています。

■地域貢献

地域清掃活動や文化活動・イベントへ積極的に参加。他にも最終処分場跡地を地域の人々の交流の場として活用していただけるよう整備して、地域の人々との信頼関係づくりにも誠実に取り組んでいます。

■最終処分

土砂等、不燃性の物質は、6地域 に保有する最終処分場で適正に埋め立て処分します。徹底した中間処理を行った上で処分を行うと共に、自然環境への影響にも充分配慮しています。

大栄環境グループは、人間生活のさまざまな場面において発生する多様な廃棄物の収集・処理を担っています。廃棄物は最先端の設備を用いてリサイクルし、生活のエネルギー源として再び社会に還元しています。

PAGE TOP