大栄環境グループ

リサイクル
プラスチックパレット

暮らしに欠かせないプラスチックを
資源として効率的にリサイクル

海洋プラスチックごみ問題などを解決するために、廃プラスチックの効率的な回収と利用は、
SDGsの取り組み課題として重要な位置づけとなっています。
国内でも2022年4月に『プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律』が施行され、各業界に積極的な取り組みが求められています。

プラスチックパレット製造

プラファクトリー設立で生産量が倍増

2020年4月に大阪府堺市にプラファクトリーを設立。大阪府寝屋川市で行っていた容器包装プラスチックを主原料としたリサイクルプラスチックパレットの生産を、2021年度からプラファクトリーに移管しています。2021年度までは年間30万枚のプラスチックパレットを製造していましたが、2022年度からは年間60万枚に生産量を倍増する計画であり、さらなる資源循環を推進しています。

再生原料100%のプラスチックパレット

当社グループが製造しているリサイクルプラスチックパレットは、再生原料のみで製造し、製品化しているため環境貢献性が高く、JIS規格に適合した高い品質を保持しています。

PAGE TOP