大栄環境グループ

JA / EN

低濃度PCB廃棄物

環境省認定の処理施設で、安心安全に無害化処理

低濃度PCB廃棄物

低濃度PCB廃棄物、低濃度PCB廃油などを厳重な管理で移送し、安全に無害化処理しています。またグループ会社のDINS関西(株)と(株)ジオレ・ジャパンは環境省より無害化処理認定を取得しています。

厳重に管理し、焼却炉で無害化

タンクローリーによって受け入れることができ、粘度が低く噴霧処理できる低濃度PCB廃油と、密閉専用容器やドラム缶などで搬入される固形物の低濃度PCB汚染物。これらの低濃度PCB廃棄物は、焼却炉に投入されるまで、厳重な管理下で移送され、最終的に850℃以上で無害化処理されます。

取扱い拠点

  • 兵庫県尼崎市
  • 大阪府堺市

関連情報

ジオメルト工法

三重中央開発(株)のジオメルト無害化施設は米国エネルギー省が開発した技術で、1,200℃~2,000℃のジュール熱により残留性有機汚染、PCB、ダイオキシン、DDTなどの化学物質を完全に無害化します。

取扱い拠点

  • 三重県伊賀市

関連情報

関連情報

PAGE TOP