大栄環境グループ

JA / EN

2021年3月15日プレスリリース

メタン発酵施設及び堆肥化施設設置許可取得に関するお知らせ

 大栄環境株式会社(本社:大阪府和泉市、代表取締役:金子文雄)は、メタン発酵(バイオガス発電)施設及び堆肥化施設として、一般廃棄物及び産業廃棄物処理施設の建設許可を2021年1月22日に取得し、今月より建設工事を開始します。
 メタン発酵(バイオガス発電)施設及び堆肥化施設は、当社子会社の三重中央開発株式会社三重リサイクルセンター敷地内に建設し、有機性廃棄物(食品廃棄物・有機汚泥・廃液等)からメタン菌の働きによりバイオガスを取り出します。このバイオガス原料を、リエネルミエ株式会社(代表取締役:井上吉一)が買い取り、固定価格買取制度(FIT制度)を活用して売電します。堆肥化施設においては、食品廃棄物から堆肥を製造します。
 メタン発酵施設では、肥料化や飼料化に向かない食品廃棄物でも活用でき、地球温暖化対策等、食品関連事業者にとって喫緊の課題に有効であると言われています。本事業を含め、今後も食品廃棄物をはじめとする有機性廃棄物の処理事業を推進します。

 当社グループは、顕在化する社会課題解決のため、今後も資源循環や地域貢献に取り組み、持続可能な社会づくりに貢献します。

 

■施設の概要

〇 メタン発酵施設

 

■事業スキーム図

事業スキーム
 
 

〇 堆肥化施設

 
 

一覧に戻る

PAGE TOP