大栄環境グループ

JA / EN

2021年3月15日プレスリリース

三木バイオマスファクトリー施設設置許可取得に関するお知らせ

 大栄環境株式会社(大阪府和泉市、代表取締役:金子文雄)は、三木リサイクルセンターにおいて、バイオマスと廃棄物の混焼施設(施設名:三木バイオマスファクトリー)として、一般廃棄物及び産業廃棄物処理施設の建設許可を2021年2月26日に取得いたしました。2023年10月の本稼働を目指して、本年5月に着工します。
 本施設は、地域から発生する廃木材や食品残さ等のバイオマス資源とさまざまな廃棄物を混焼するサーマルリサイクル施設です。発生した熱エネルギーは固定価格買取制度(FIT制度)を利用して売電するとともに、温熱利用等による地域還元も検討しており、廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏を構築します。
 大栄環境グループは、顕在化する社会課題解決のため、今後も資源循環や地域貢献に取り組み、持続可能な社会づくりに貢献します。

 

■施設の概要

 
 

一覧に戻る

PAGE TOP