大栄環境グループ

JA / EN

1995-2013 第1次~第5次経営計画期

第1次~第5次経営計画期

1995年に起きた阪神・淡路大震災は、当社グループの事業の根幹を大きく変えました。震災廃棄物全体の約1/3に当社グループが関わることとなりましたが、莫大な設備投資が財務を悪化させました。全役職員が一致結集してこの難局を乗り越えるため、1997年に第1次経営計画を策定。埋立からリサイクルへ大幅なシフトをし、さらに農工複合型資源循環システムを実現することを経営ビジョンとしました。

1995

阪神・淡路大震災

グループの根幹を大きく変えた阪神・淡路大震災。大量の災害廃棄物を処理するため、海外から大型プラントを導入し、分別を行いながら処理を加速、全体の約1/3の震災廃棄物の処理に携わりました。

株式会社摂津を子会社化

株式会社摂津清運を子会社化

1996

農事組合法人インフィニティファーム上野(現:農事組合法人ねぎぼ~ず)を設立

株式会社コンポストジャパン(2015年8月に三重中央開発株式会社と合併)を設立

1997

第1次経営計画を策定

三重中央開発株式会社が健裕開発株式会社を吸収合併

1998

大栄環境株式会社が和歌山県那賀郡粉河町(現 紀の川市)に粉河リサイクルセンターを開設

2001

和泉リサイクル環境公園 グランドオープン

大栄環境株式会社が創業の地で1988年に埋立を完了してから13年、処分場が地域の憩いの場として生まれ変わりました。処分場を埋め立てた跡地も「資源」と考え、公園として整備しました。現在では多くの方が訪れるスポットとなっています。

当社グループ本部を神戸市東灘区に移転

株式会社クリーンステージを共同出資により設立

大栄環境株式会社が兵庫県神戸市に六甲リサイクルセンターを開設

2002

株式会社丸与商店を子会社化

2003

株式会社GE(現:DINS関西株式会社)を共同出資により設立

大栄環境株式会社が大阪府和泉市に和泉リサイクルセンターを開設

2004

バイオエタノール・ジャパン・関西株式会社(現:DINS関西株式会社)を共同出資により設立

2005

株式会社ディンズ環境分析センターを設立し、コンサルティング事業を開始

2006

大栄環境株式会社が兵庫県三木市に管理型埋立処分場(槇谷) を開設

三重中央開発株式会社にジオメルト無害化施設を開設し、汚染土壌処理事業を開始

株式会社GE(現:DINS関西株式会社)を子会社化

2009

株式会社神戸ポートリサイクルを子会社化

2010

天理市より天理市環境クリーンセンターの運転管理業務を受託し、施設建設・運営管理業務を開始

2011

バイオエタノール・ジャパン・関西株式会社(現:DINS 関西株式会社)を子会社化

バイオエタノール・ジャパン・関西株式会社が株式会社 RAC 関西(現:DINS 関西株式会社)を吸収合併

2013

三重県伊賀市に廃棄物複合処理施設 エネルギープラザを開設

廃棄物複合型リサイクル施設、エネルギープラザが竣工。焼却炉・焙焼炉・炭化炉を備え、発電や地域への熱供給も可能な施設であり、リサイクルシステムの確立を目指すグループの集大成となる施設です。

近江八幡市環境エネルギーセンター
DBO方式により整備及び運営を受託

DBO方式とは、デザイン(設計)、ビルド(建設)、オペレーション(運営)を民間が担い、 施設の所有、資金調達は自治体が行う民営手法のひとつです。

1979-19952014-2016

PAGE TOP