大栄環境グループ

JA / EN

2014-2018 第6次~第7次経営計画期

第6次~第7次経営計画期

第6次経営計画では、経営ビジョンを『事業の永続性を高め、環境創造企業として進化する』に改定。目先の利益にとらわれず、新たな価値を創造する取り組みをスタートさせました。2016年からは第7次経営計画がスタート。第7次は創業から40年を迎える大きな節目であり、100年続く企業としての基盤を確立する期間と位置付けました。

2014

太陽光発電事業開始(DINSメガソーラー)完成

2014年、東日本大震災以降の電力不足や、再生可能エネルギー比率目標を引き上げる国の施策などの社会情勢に対応するため、ソーラーパネル9000枚超を擁する「DINS メガソーラー」を建設。2018年には同規模のメガソーラーを増設し、年間約550万kWhの発電を行っています。

株式会社リサイクル・アンド・イコール(現:DINS 関西株式会社)を子会社化

三木リサイクルセンター内にコンポストファクトリーを竣工

イオングループと連携し「食品リサイクルループ」事業開始

2015

三重中央開発第一回ふれあい感謝祭 開催
第一回三木かんきょうフェスティバル 開催

地域の皆様に、大栄環境グループの取り組みを知っていただくと共に、日頃の感謝をお伝えするため兵庫県三木市と三重県伊賀市にて大規模イベントの開催がスタートしました。

メジャーヴィーナス・ジャパン株式会社を共同出資により設立

2016

株式会社総合農林を子会社化

全国26カ所8,000ha(2016年当時)の森林を保全する株式会社総合農林の全株式を取得し、森林保全事業に参入しました。

兵庫県神戸市にトライアール事業所を開設し、アルミペレット事業を開始

熊本市災害廃棄物処理を受託

株式会社グリーンアローズ関西を共同出資により設立

2017

株式会社ジオレ・ジャパンを子会社

和歌山県御坊市に管理型最終処分場及びリサイクルセンターを開設

三基開発株式会社を子会社化

和歌山県和歌山市にリサイクルセンターを開設

株式会社エコクリーン大和郡山を共同出資により設立

2018

DINS第2メガソーラー竣工

阪神トラック株式会社(現:京都かんきょう株式会社)を子会社化

株式会社ソフトウェアトータルサービスを子会社化

大栄環境総研を設立

株式会社東北エコークリーンを子会社化

株式会社イーアイアイを共同出資により設立

1995-20132019-現在

PAGE TOP